平成26年1月 脱会

教団名:K会
年齢・性別:28歳 女性
HN:HIROさん
入信時年齢:19歳
手記
【入信のきっかけ】
短大で友達関係のことで悩んでいる時にバイト先の先輩に誘われた。

【入信中の心理】

S会や他の権力者、中国や北朝鮮から日本を守らなければと信じていた。
「勤行」は欠かしたことはない。今思えば、会長先生に言われた通りやらないと何かが起こるんじゃないかという恐怖心で続けていたような気がする。

【 脱会まで】
正しいことをしているんだという思いはあっても、毎日疲れ切っていました。
中国が攻めてくると本当に思って頑張っていたけど、今思えば、中国が責めてこようが北朝鮮が何しようが、宗教ではどうにもなるわけないし、結局そういう話を利用して会員に頑張るように仕向けていたと今は思える。
最後のほうは、正直もう嫌だった。勧誘するのも後輩の前で強がっているのも疲れ果てていた。

【脱会】
地元で大埜慈誠先生に会った。どんな人なのかわからないので怖かったけど、親の前では強がって余裕ぶっていた。
大埜先生に会う数日前に、以前勧誘をしてしまった友達に駅で偶然すれ違った。
「また会おうね。待ってるね」と言われた言葉がずっと響いていた。
大埜先生に会う前は、怖かったけどまた余裕で勝てると思っていた。
聞いているうちに、あまりに知らないことばかりでかなり動揺した。何か言い返さなきゃと思いながら何も言えないでいるうちに、泣いてしまった。そこからはあまり覚えていないけど、もう精神的に限界だったのいかもしれない。

【 脱会後の気持ち】

正直今でも怖さがあるけど、大埜先生やお寺の和尚さんがいろいろ教えてくれて、怖がらなくても大丈夫なんだとちょっとずつ思えるようになってきた。
長い年月を無駄にしてしまったことを後悔しているし、親にや勧誘しちゃった友達に申し訳ないおきもちで一杯。
自己嫌悪が怖さよりあるかもしれない。
教団への思いは、怒りに近いのかもしれない。でも自分が信じちゃったのでどうしようもない。
後悔しかない。悔しいしつらいです。

<理事長コメント>
よく勇気をもって脱会を決意してくれました。
相当な勇気がいったと思います。
自己嫌悪・・・それは思わないでください。
親御さんや友達はきっと理解してくれます。
あなたにとっては必要な時間だったのかもしれません。
今後の人生を、前を向いて元気に生きれるように、いつでも駆けつけますよ。

勇気をもって投稿してくれてありがとう!!